WFPエッセイコンテスト2012

募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
11月9日に開催しました表彰式の様子はこちらからご覧ください。
竹下景子さんによるWFP賞受賞作品の朗読映像は以下より視聴いただけます。
Windows Media Playerで視聴(Windowsの方)  Quick Time Playerで視聴(Macintoshの方)
世界では7人に1人が飢餓に苦しんでいます。

特別審査員・審査委員長

審査員

応募要項

テーマ 「食べる大切さ」
題名 自由
部門 (1)小学生部門(4・5・6年生)
(2)中学生・高校生部門 
(3)18歳以上部門
募集期間 2012年7月15日(日)~ 9月28日(金)[締切日必着]
応募方法 日本語での募集です。
エッセイの長さは400字から800字まで。
【郵送での応募】
1ページの文字数が20字×20行のこと。
応募票をダウンロードし、必要事項を記入のうえ作品に添付し、応募票に記載の宛先に送付ください。
応募票 募集は終了いたしました。
【オンラインでの応募】
Microsoft Wordもしくは、テキストデータで作品を作成のうえ、応募フォームから送信ください。
応募フォーム 募集は終了いたしました。
※WFPエッセイコンテスト事務局のサイトへ移動します。
各賞(予定) (1)WFP賞(最優秀作品) 1名
(2)小学生部門賞 1名
(3)中学生・高校生部門賞 1名
(4)18歳以上部門賞 1名
(5)審査員特別賞 各部門1名
(6)佳作 各部門5名
審査 特別審査員、および審査委員会の審査員が厳正に選考いたします。
※湯川れい子さん(審査委員長・作詞家)、本田亮さん(環境マンガ家)、三國清三さん(オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ)、御立尚資さん(株式会社ボストンコンサルティンググループ 日本代表)、横手仁美(国連WFP協会事務局長)
発表 2012年10月29日(月)に、当サイトで発表予定。
※WFP賞受賞作品は「ソフトバンクチャリティダイヤル」のコンテンツとして1ヵ月間紹介されます。(予定)
賞品 WFP 賞・部門賞・審査員特別賞受賞者には表彰式にて、賞状と賞品を進呈。佳作受賞者には郵送いたします。
その他 (1)応募は1人1点、未発表の作品に限ります。
(2)入賞作品の一切の権利は主催者に帰属するものとし、応募作品は返却いたしません。
お問合せ先 WFPエッセイコンテスト事務局 03-3980-9030
10:00~12:00/13:00~18:00(土日祝日及び8月13日〜15日を除く)

【 後援 】

WFP 国連世界食糧計画日本事務所、外務省、農林水産省、文部科学省、全国都道府県教育委員会連合会、全国連合小学校長会、全日本中学校長会、NHK、朝日新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、神奈川新聞社

【 特別協賛 】

ご担当者からのメッセージ
ご担当者からのメッセージ

【 協賛 】

株式会社IHI、アルフレッサ ホールディングス株式会社、伊藤忠商事株式会社、伊藤忠食品株式会社、株式会社えびせんべいの里、株式会社オウケイウェイブ、カネ美食品株式会社、コクヨ株式会社、シダックス株式会社、昭和産業株式会社、株式会社真誠、株式会社大冷、トヨタ自動車株式会社、ニッシン・トーア株式会社、日東富士製粉株式会社、日本ハム株式会社、ハウス食品株式会社、三菱食品株式会社、有楽製菓株式会社、ユニー株式会社

【 協力 】

ソフトバンクモバイル株式会社

国連WFPは、学校給食プログラムへの支援の輪を広げるため、「レッドカップキャンペーン」を推進しています。

企業内での作品募集も歓迎しています。
 詳しくは、国連WFP協会(Tel:045-221-2515)までお問合せください。

飢餓やWFPの活動について知ろう